アナログ?デジタル?ケースバイケースで選ぶ腕時計

日常的にビジネスをこなす上で必須のアナログ

商談や企業との面接等、頻繁に人と会う機会が多いビジネスや就職活動において、会う人の心証を良くする落ち着いたデザインのアナログ腕時計は欠かせませんよね。こうした機会が頻繁に訪れる人なら、多少は無理してもしっかりした造りとブランドのアナログ腕時計は1本持っておいた方が役に立つでしょう。海外では特にそうなのですが、腕時計の質やグレードが個人の信用を高める事にも繋がり、決して馬鹿に出来ないアイテムとなっているのです。

野外で威力を発揮する多機能のデジタル

趣味で頻繁にアウトドアに出掛ける人なら、やはり大半の人がデジタルのアウトドアウォッチを愛用している事でしょう。それだけ野外におけるこれらの時計のタフさと多機能は非常に役立つのです。ビジネスシーンにもとなると、場面によっては少々気を使うケースもあるのですが、それでも最近ではビジネスシーンにも対応出来るシックなデザインのアウトドアモデルも増えてきました。特にこういったシーンとの併用も考えるなら、文字盤やベゼルは小さく控え目なモデルを選ぶのがベターです。

何本持っておけば十分なのか?

こうして見ると、腕時計はビジネス用のアナログと趣味用のデジタルとの合計2本を揃えておいた方が何かと役立つ、という事になるでしょう。もちろん腕時計自体が趣味ならさらに多くをコレクションしても構いませんし、それらの中から最適な1本を選びだす楽しみというのもありますよね。ただある程度以上のグレードともなれば、メンテナンスやトラブル時の出費も考慮しなければいけませんから、最終的には長く愛用出来る上記2本を厳選して利用した方が多くの人にとって幸せな筈です。

ロレックスの購入方法を理解するために、ベテランのスタッフがそろっている時計店で定番商品の機能について理解を深めることが大事です。