ペット保険とは?!ペット保険に入れておくべき?!

ペットは保険って人間の保険と同じなの?!

ペット保険は人間の保険と同じようなものと思って良いでしょう。思わぬ事故や怪我、病気などに侵された場合、医療費が必ずかかりますよね。保険に入っておくことで、医療費を全額負担することなく、保険会社に一部負担してもらうことが出来るのです。しかし、そのためには保険会社に契約し、月々の保険料というものを支払わなければいけません。動物の怪我や病気の治療費は、程度にもよりますが、馬鹿にできませんよね。結構高額なことが多いのです。

保険料はどれくらいなの?

月々の保険量は、保険会社や加入する動物の種類、ペットの年齢や過去の怪我や病気の有無などにより、それぞれ決められることが多いのです。そのためどれくらいということは、はっきりと決められていません。保険会社のインターネットぺーじなどでかくにんできるところもありますし、資料請求できるところもあるでしょう。保険料について詳しく知りたい場合は、保険会社に直接問い合わせ、話を聞くことが確実ですね。かなり高いところもあれば安いところもあるので様々な保険会社を見て比較した方が良いでしょう。

医療費請求の体制を確認しておこう?!

加入してから知ると後悔してしまうことが、医療費が実際に発生した時のことです。医療費の一部が後から支給されるため、とりあえず自費で支払う形と、窓口で支払う時に、既に保険会社に負担してもらう分を、差し引いた額を支払う形があります。後に支払ってもらう形の保険会社だと、医療費請求の手間がかかるので、窓口で既に差し引いた額を支払えば良い制度になっている保険会社を選んだ方が良いと言えます。かかりつけの動物病院次第ということもあるので、動物病院側にも確認しておくと良いですね。

ペットが獣医にかかったとき、健康保険などの公的保険がないので相当な出費となります。この治療費の一部を補てんするために保険会社に掛け金を支払う仕組みがペット保険です。