電気を使わずに時を刻む!長く使い続けることができるエコな時計

普段使っていればねじまきは不要

目覚まし時計などは電池で動くものがほとんどです。電池は電気を消耗すると使えなくなります。腕時計にもいくつかの種類があり、クォーツ式の場合は電気が必要です。電池を使うものだと、定期的に電池の取り換えが必要になります。機械式時計はゼンマイで動力を得ます。ものによっては自分でゼンマイをまかないといけないものもありますが、多くは自然にゼンマイがまかれています。ですから、1日装着して活動しえいれば、次の日もそのまま使えます。土日にはめていないと、月曜に止まっていることもあるので注意しましょう。

100年以上使い続けることが可能

時計は時を刻むための仕組みが備わっています。最近は電気を使うものもありますが、機械式の場合はゼンマイを使って動力を得ます。どちらも同じように使えそうですが、電気を使う場合、どうしても電気による部品の消耗が起こりやすくなります。すると交換が必要になりますが、同じ部品がなければ修理をすることはできません。機械式時計の場合、有名メーカーなどであれば部品が残されています。ですから、何年経っても修理してもらえます。100年以上使うことも可能なんですよ。

誤差に応じた修正が必要

時計をする目的は、正しい時間を知ることです。仕事などでは時間によって信用が変わることもあるので、1分、1秒狂うと影響することがあります。どれだけ制度の良い時計でも少しは狂いますが、電波時計なら全く狂わず時を刻んでくれます。機械式時計の場合は、仕組み上どうしても誤差が生じます。世界の最高級品でも1日に10秒ぐらいの誤差が発生するといわれています。毎朝の手入れとして、時間を調整してあげるとよいでしょう。毎日合わせれば、10秒以内の誤差のままで使えます。

オーデマピゲはスイスの時計・宝飾ブランドメーカーで世界三大高級時計メーカーの一つとしても知られています。